Kyashの上限額【決済・送金・有効期限内・残高の限度額】

スポンサーリンク

Kyashは、プリペイド式VISAカードで、決済金額の2%のキャッシュバックを受けられるのが特長です。

今回は、Kyashに設けられている様々な上限額について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

Kyashの利用限度額

Kyashカードの種類

Kyashには、リアルカードバーチャルカードの2種類のカードが存在します。

ただし、 リアルカードとバーチャルカードは、形態が異なるだけで同一のカードです。なので、カード情報も同一である点に注意が必要です。

よって、リアルカードとバーチャルカードのうち、保有するカード形態の利用限度額だけを確認すればよいことになります。

僕は最初、この点を勘違いしており、リアルカードとバーチャルカードの2枚のカードを持つことができると思っていました。

しかし、Kyashカスタマーサポートに問い合わせたところ、次のような回答を頂きました。

メディチ
メディチ

リアルカードとバーチャルカードの利用限度額は、それぞれのカードで独立していると考えてよろしいでしょうか。

Kyashカスタマーサポート
Kyashカスタマーサポート

Kyashアカウントでは、1枚のカードのみを保有可能です。

リアルカードをご利用の場合、既にご利用いただいているバーチャルカードは無効となります(カード番号が変更となり、アカウント情報に上書きされます)。

なお、バーチャルカードのご利用がなく、リアルカードからご利用いただいている場合はバーチャルカードはございません。

 

そのため、利用限度額について、リアルカード・バーチャルカードそれぞれでの管理というものはございません。

繰り返しになりますが、リアルカードとバーチャルカードのいずれか1枚のみを所有できるということです。

リアルカードでの利用限度額

リアルカードは、実店舗とオンラインの両方で使用できるカードです。

リアルカードの利用限度額は、

  • 24時間あたりの利用限度額:5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額:5万円以下
  • 1ヶ月間(1日から末日まで)での利用限度額:12万円まで

利用限度額を超える額を決済しようとすると、Kyashでは1円も決済できません。実際、25万円分の東京オリンピックチケットをKyashで決済しようとしたことがありますが、上限の5万円を上回っていたため、1円も支払いできませんでした。

バーチャルカードの利用限度額

バーチャルカードは、Kyashアプリ上に存在するカードで、オンラインのみで利用できます。

バーチャルカードの利用限度額は、

  • 24時間あたりの利用限度額:5千円まで
  • 1回あたりの利用限度額:5千円まで
  • 1ヶ月間(1日から末日まで)での利用限度額:2万円まで

このように、バーチャルカードは、リアルカードに比べると、利用限度額が小さく設定されています。

しかし、このバーチャルカードの利用限度額を上げる方法があります。それは、Kyashの本人認証を行うことです。

バーチャルカードユーザー(リアルカードを有効化していないユーザー)は、3Dセキュアでの本人認証により、利用限度額を上げることができるのです。

3Dセキュアとは、カード発行会社に登録したパスワードを入力いただくことで本人認証を行い、不正利用・なりすましを防ぐ、VISAMastercardなどの国際ブランドが推奨する本人認証サービスです。

引用:Kyash公式サイト

ただし、この本人認証が必要なのは、2019年6月17日以降にKyashの新規会員登録を行ったバーチャルカードユーザーです。2019年6月16日以前から、利用している人は、本人認証済みとなっております。

ちなみに、リアルカードを利用する場合は、本人認証の有無による利用限度額の引き上げはありません。

本人認証は、次の2ステップでできるので、セキュリティのためにも是非行っておきましょう。

本人認証の手順

  1. 各カード会社のWebサイトで、3Dセキュアの利用設定を行う
  2. Kyashにクレジットカード・デビットカードを登録する際、カード情報の入力後に、クレジットカード会社の3Dセキュア認証ページに遷移する。カード発行会社に登録したパスワードで認証して、Kyashへのカード登録と本人認証を行う。

本人認証が済んだ場合、バーチャルカードの利用限度額は次のようにアップします。

本人認証済の場合

  • 24時間あたりの利用限度額:3万円以下
  • 1回あたりの利用限度額:3万円以下
  • 1ヶ月間(1日から末日まで)での利用限度額:12万円まで

Kyashに複数のクレジットカード・デビットカードを登録している場合は、3Dセキュアに対応しているカードが1枚でもあれば、上限金額を引き上げることができます。

スポンサーリンク

Kyashの送金限度額

Kyashには、送金機能や請求機能がついており、送金額や一度に送金・請求できる人数には、上限が設けられています。

  • 1回あたりの送金限度額:5千円以下
  • 1ヶ月間での送金上限:1万円まで
  • 1回あたり送金できる人数:1人まで
  • 1回あたり請求できる人数:10人まで

ただし、本人認証により、送金限度額も引き上げることが可能です。

本人認証済の場合

  • 1回あたりの送金限度額:5万円以下
  • 1ヶ月間での送金上限:10万円まで
スポンサーリンク

Kyashの有効期限

Kyashには、有効期限が設けられており、その期間内に利用できる額にも上限が設けられています。

  • 有効期限5年
  • 有効期限内の利用限度額100万円

Kyashは、2%キャッシュバックが受けられるので、1枚のKyashカードにより最大2万円分のキャッシュバックが受けられる計算になります。

有効期限内の利用限度額を超えてしまうと、もう二度とKyashが使えなくなると思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

実は、有効期限内に100万円以上利用した場合には、Kyashカードを更新することができます。

更新した際には、Kyash残高は引き継がれ、残高の有効期限は無制限になっているので安心してチャージできます。

そのため、Kyashの利用規約が変わらない限り、還元率2%は実質無期限に利用できるのです。

また、利用額が上限の100万円に近づいてくると、Kyashから更新の案内が送られてきます。上限を超えた後、カードを再発行する際は、Kyash公式サイトをご確認下さい。

スポンサーリンク

Kyashの保有限度額

Kyashには、保有できる額にも限度額があります。

  • ウォレットでの保有限度額1000万円以下

参考:Kyash公式サイト

ただし、この保有限度額を超えるユーザーはほとんどいないと思われるので、意識する必要はないと思います。

スポンサーリンク

最後に

バーチャルカードは、Kyashアプリからすぐに発行できるので、持っていない方はアプリをインストールして、申し込んでみて下さい。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

 

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

また、 リアルカードは、Kyashアプリ、もしくは、Kyash公式サイトから申し込みができます。申し込みから2週間程度で、申込時に入力した住所にリアルカードが郵送されます。

リアルカードを受け取った後、カードを利用するためには、Kyashアプリで「リアルカード有効化」を行う必要となります(有効化の方法はこちら)。そのため、Kyash公式サイトからリアルカードを申し込む方も、Kyashアプリはインストールしておきましょう。

また、Kyashについて、twitterでも発信しているので、よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました