ふるさと納税を使って、高校授業料を無償化にする方法

スポンサーリンク

【ふるさと納税で高校授業料を無償化にする裏ワザ!】

一般的な公立高校の場合、年間授業料は約12万円。
この費用を国で支給するのが『高等学校等就学支援金制度』だ。

ただし、この制度を受けるには、ある要件を満たす必要がある。
それは『世帯の住民税所得割額が50万7000円未満』であることだ。

住民税所得割額とは、前年の所得に応じて課税される住民税額のこと。

この要件を年収で考えると、年収約910万円未満に相当する。
帯年収が910万円前後の場合、要件を満たせずに支給を受けられない可能性があるのだ。

だが、ふるさと納税を利用することで、この要件をクリアできる場合がある!

この制度のポイントは、受給要件が『年収ではなく、住民税所得割額で決まる』点だ。
ふるさと納税をすると、住民税控除を受けられるため、要件を満たせる場合がある。

しかも、確定申告不要の『ワンストップ特例制度』を利用すれば、同じふるさと納税額でも、住民税控除が増えるのでおすすめだ。

さらにこの制度の詳細を知りたい方は、こちらの文科省のサイトをチェック↓

高等学校等就学支援金制度:文部科学省

コメント

タイトルとURLをコピーしました