Kyashポイント1%還元! 【Kyashの新ルール】

スポンサーリンク

Kyashは、2%キャッシュバックが受けられるプリペイド式VISAカードです。

しかし、この2%還元は、2019年9月30日で終了し、10月1日から新たなルールがスタートすることが決定しました。

今回は、その新ルールについてご紹介していきます。そして最後に、今後もKyashを使うべきかについても考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

Kyashポイントとは?

Kyashポイントとは?

2019年9月30日までは、決済金額の2%がキャッシュバックされていましたが、10月1日からは、「Kyashポイント」というポイントプログラムがスタートします。

Kyashポイントの特徴は、次の通りです。

Kyashポイントの特徴

リアルカードで決済すると100円につき1ポイント!
 ・ オンラインでも実店舗でも1%還元のVisaカード

リアルタイムでポイントが貯まる!
 ・ 決済すると即時にポイントが付与されます
 ・ 売上確定と同時にポイントが確定されます

ポイントからすぐに使える!
 ・ 1ポイント=1円でKyash残高にチャージできます
 ・ チャージした残高はすぐに全国のVisa加盟店でのお買い物や送金に使えます

出典:Kyash公式サイト

要するに、「リアルカードで決済すると、決済金額の1%のKyashポイントがリアルタイムに付与され、1ポイントからすぐに使える」ということです。

一方、バーチャルカードのみ発行し、リアルカードを有効化していない方は、還元率が決済金額の0.5%になってしまします。

そのため、リアルカードを持っていない方は、カード発行・有効化しておくことをおすすめします。

リアルカードの発行・有効化の方法は、こちらの記事の「最後に」の部分をご覧ください。

また、QUICPayによる決済は、Kyashポイント付与の対象外なので、これまで利用していた方は注意して下さい。

キャッシュレス・消費者還元事業もスタート

2019年10月1日からは、経済産業省が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」もスタートします。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

中小・小規模事業者等における消費喚起の後押しと、キャッシュレス化の推進を目的に経済産業省が主体となって実施する補助金制度

出典:JCB公式サイト

10月1日の消費税率引き上げ後9ヶ月間は、中小・小規模事業者でキャッシュレス決済すると、決済金額の一部が消費者へ還元されます。

 

消費者への還元率は、原則5%、大企業フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者の店舗では、2%です。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業 消費者向け説明資料

そのため、キャッシュレス・消費者還元事業の対象対象加盟店でKyash決済すると、通常のKyashポイントに加えて、5%または2%の消費者還元ポイントが還元されます。
また、消費者還元ポイントは、QUICPayによる決済も対象となります。
スポンサーリンク

Kyashの変更について

今回の変更により、Kyashで即時還元されるのは嬉しいですが、還元率が1%下がるのは大きな改悪です。

ただ、2%キャッシュバックが永遠に続くとは思っていなかったので、今回の変更について、そこまで驚きはありませんでした。

かつてのLINE Payカードの改悪を見る限り、無条件での2%還元を維持するのは、難しいのでしょう。

むしろ、キャッシュレス・消費者還元事業がスタートするタイミングで還元率を下げたKyashは、改悪感を軽減させることができたので、合理的な選択をしたように思えます。

一方、Kyashの長所である、紐付けによるポイント多重取りは、今後も維持されます(Kyashでのポイント多重取りについての記事は、こちらです。)。

しかも、KyashはVisa加盟店で利用できるので、汎用性が高い決済手段としても魅力的です。

なので、今後もKyash決済を利用していく価値は十分あると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました