Kyashにチャージする方法【クレジットカードでのオートチャージがおすすめ!】

スポンサーリンク

Kyashは、プリペイド式VISAカードで、決済金額の2%のキャッシュバックを受けられるのが特長です。

今回は、Kyashにチャージする方法ついて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

Kyashへのチャージには、4種類方法がある

Kyashへのチャージ方法には、次の4種類があります。

Kyashへのチャージ方法

登録カードでのチャージ

コンビニチャージ

セブン銀行ATMチャージ

銀行ATM(ペイジー)チャージ

これらのうち、最もおすすめの方法は、「登録カードでのチャージ」です。

そのため、今回はこのチャージ方法について解説していきます(その他のチャージ方法が気になる方は、Kyash公式サイトをご覧ください。)。

登録カードでのチャージとは

Kyashには、Visa/Mastercardのクレジットカード・デビットカードを合計5枚まで登録することができます(24時間に1枚登録することが可能)。

登録カードでのチャージとは、登録したクレジットカードやデビットカードを使ってチャージする方法になります。

なぜ、この方法がおすすめかというと、ポイントの2重取りができるからです。

登録したカードでKyashにチャージすると、カード利用に対するポイント還元に加えて、Kyashの2%キャッシュバックが受けられます。


例えば、Yahoo! JAPANカードを利用する場合は、カード利用の1%還元に加えて、Kyashの2%還元が受けられるため、合計3%還元になります。

その他の方法では、Kyashの2%キャッシュバックしか受けられないため、還元率の面で、登録カードでのチャージに劣ってしまいます。

自動チャージ(オートチャージ)とは

登録カードを使ってKyashにチャージするする方法は、自動チャージ(オートチャージ)と、その都度チャージの2種類があります。

まずは、自動チャージについてです。

自動チャージは、送金時・決済時においてKyash残高の不足分のみ自動で充当する仕組みです。

例:Kyash残高が1,000円ある際に、Kyash Visaカードで10,000円の買い物または送金をした場合。

登録カードから不足分の9,000円が即時チャージされ、買い物もしくは送金が成立します。

出典:Kyash公式サイト

Kyash残高が足りなくなった場合でも、自動的にチャージされるため、残高不足となる心配がありません。

なので、Kyashを使う方は、自動チャージ(オートチャージ)に設定しておくことをおすすめします。

登録カードで自動チャージ(オートチャージ)する方法

1. Kyashアプリのウォレットを開き、自動チャージに使用したい登録カードをタップする。

2.「自動チャージに設定」をタップする。

3.「以下のカードを自動チャージに設定しますか?」という表示が出るので、「設定」をタップする。これで、自動チャージの設定完了です。

4.設定が完了すると、自動チャージに設定した登録カードの横に、チェックが付きます。

自動チャージ(オートチャージ)に設定しておくと、残高0円でも、支払いの度に必要な分だけ、自動でチャージされて決済できます

Kyashを頻繁に使わない方や、Kyashをお試しで使ってみたいという方でも、自動チャージに設定しておけば、問題ありません。

その都度チャージとは

次に、その都度チャージについてです。

手動チャージは任意の金額(限度額内)を決めてチャージする方法です。

・残高が5万円以上の場合は、チャージ申請・チャージができません
・24時間のチャージ申請総額が50,001円以上ある場合は申請できません
・登録カードがご利用できない状態の場合はチャージができません

出典:Kyash公式サイト

「自動チャージ(オートチャージ)だと、使いすぎてしまうのが心配」という方は、その都度チャージを利用してみたいと思うかもしれません。

その場合は、チャージに使用したい登録カードをタップして、「Kyash残高にチャージ」を選択すればチャージできます。

ただし、Kyashの利用額は、Kyashアプリの履歴から確認することができます。

なので、自動チャージ(オートチャージ)に設定しておいて、Kyashの利用状況を確認しながら買い物するという方が、便利なのでおすすめです。

繰り返しになりますが、今回の結論は、「クレジットカードでKyashを自動チャージ(オートチャージ) して買い物を楽しみましょう!」です。

使いすぎが気になる方は、履歴から利用状況を確認しながら、節約を心掛けてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました