Kyashの2%キャッシュバック【仕組みは? いつされるの?】

Kyashは、決済金額の2%のキャッシュバックを受けられることが特長です。今回は、このキャッシュバックについてのさまざまな疑問点を解説していきます。

スポンサーリンク

Kyashのキャッシュバックの仕組みは?

決済に対するキャッシュバック

Kyashでもらえるキャッシュバック

KyashはVisaカードです。そのため、全国のVisa加盟店において、Kyash残高での決済が可能です。Kyashで決済すると、決済金額の2%が、Kyash残高としてキャッシュバックされます。

キャッシュバックされたKyash残高は、直後の決済・送金において、優先的に消費されます。Kyash残高の出金はできないため、キャッシュバックされたKyash残高は、決済・送金での利用に限られますが、有効期限は無期限です。

ポイントを多重取りする場合のキャッシュバック【合計6%還元も可能】

Kyashには、クレジットカードやデビットカードを登録することができます。そのため、カードを利用してKyash残高をチャージした場合、登録したカードの利用に対する還元も受けられます。

ちなみに僕は、還元率1%のYahoo! JAPANカードをKyashに紐づけて使っています。そのため、買い物の時にKyashリアルカードで決済することで、毎回3%還元をゲットできます。

また、Origami Payや楽天Payなどのコード決済の引き落としにKyashを指定することができます。この場合、コード決済の利用に対する還元を受けることができます。

さらに、PontaカードやTポイントカードなどを提示すれば、カード提示に対する還元もゲットできます。

例えば、Origami PayにKyashを紐付けて、Kyash残高のチャージをYahoo! JAPANカードで行うとしましょう。

この場合、Origami Payによる決済で+2%、Kyashからの引き落としで+2%、Yahoo! JAPANカードによるチャージで+1%、合計5%還元を受けることができます。

さらに、ローソンでの買い物なら、Pontaカードを提示することで+1%還元を受けられます。この場合は、合計6%還元となります。

また、吉野家での決済なら、Tポイントカードを提示することで+0.5%還元を受けられます。Yahoo! JAPANカードは、Tカード一体型クレジットカードなので、Yahoo! JAPANカードの提示でもOKです。この場合は、合計5.5%還元となります。

ただし、一口に還元といっても、その方法はそれぞれ異なります。Origami Payは2%OFF、Kyashは2%キャッシュバックですが、Yahoo! JAPANカードはTポイント付与、PontaカードはPontaポイント付与になります。

また、Origami Payは2%OFFなので、Kyash残高から引き落とされる額は、商品価格の98%になります。そのため、厳密には合計の還元率は若干少なくなります。

とはいえ、クレジットカード→Kyash→Origami Payのコンボはとてもお得なので、おすすめです。KyashやOrigami Payのアプリをダウンロードしてない方は、こちらからダウンロードしてみてください。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

Origami スマホ決済アプリ

Origami スマホ決済アプリ

Origami Inc.無料posted withアプリーチ

送金に対するキャッシュバック

Kyashには、決済だけでなく、送金する機能もついていますが、送金でもキャッシュバックは受けられるのでしょうか。

Kyash公式サイトによると、キャッシュバック対象となる取引は、下記のように決済に限定されています。

キャッシュバック対象となる取引

  • Kyash Visaバーチャルカードによる決済
  • Kyash Visaリアルカードによる決済
  • Kyash Visaバーチャル/リアルカードを登録したQUICPayによる決済

上記のうち、売上が成立している取引が対象となります

出典:Kyash公式サイト

では、なぜKyashは決済に対してだけキャッシュバックを行っているのでしょうか。それは、決済へのキャッシュバックにのみ、Kyashにとってのメリットがあるからです。

Kyashの収入源は、VISA加盟店から決済手数料です。ユーザーが加盟店で決済した場合、Kyashは加盟店から手数料を受け取ることで、収益を得るというビジネスモデルです。

出典:IT Search+

Kyashは、ユーザーに対してキャッシュバックを行うことで、加盟店でのユーザーのKyash決済を促進できます。これにより、Kyashが加盟店から受け取る手数料収入を増やすことができます。

一方、送金に対してキャッシュバックを行っても、Kyash側がリターンを得ることはできません。そのため、Kyashは、決済に対してのみキャッシュバックを付与しているのです。

スポンサーリンク

Kyashのキャッシュバックはいつされるのか?

Kyashによる決済を行った場合、キャッシュバックされるのはいつでしょうか。Kyash公式サイトには、次のように記載されています。

キャッシュバックの締め日と付与日

当月1日から末日ご利用の対象分を翌月25日から末日までに付与いたします。

出典:Kyash公式サイト

実際、僕のKyashアプリを確認してみたところ、2019年5月分は6月27日に、6月分は7月26日にキャッシュバックされていました。

スポンサーリンク

Kyashのキャッシュバックの計算方法は?

キャッシュバックの計算方法

Kyashによる2%キャッシュバックは、具体的にはどのように計算されるのか見てみましょう。キャッシュバックの算出方法について、Kyash公式サイトには、次のように記載されています。

算出方法 

  • 1回の決済ごとに2%を乗じて算出いたします。
  • 月の決済金額の合計ではございません。
  • 2%を乗じて1円未満は切り捨てになります。
  • 計算例
    例:198円と202円の場合は、198円=3円分、202円=4円分となります。
    例:149円の場合、2%=2.98円なので2円分のキャッシュバックになります。

出典:Kyash公式サイト

キャッシュバックは、1回の決済金額ごとに計算され、1円未満は切り捨てになるため、キャッシュバック額は、月の決済金額×2%よりも少なくなります。

2%キャッシュバックを実際に確認してみた

では、実際に2%キャッシュバックされているのか確認してみましょう。僕が2019年6月に決済した金額に対するキャッシュバックを確認してみたいと思います。

Kyashアプリを起動させて、履歴ページを確認すると、今までの決済履歴や、キャッシュバックされたKyash残高を確認できます。

僕は、6月1日~6月31日の間、31,767円分をKyashで決済しました。この決済に対して、7月26日に624円分のキャッシュバックが付与されています。

この624円分のキャッシュバックが正しい額なのかを確認するため、Excelを用いて、キャッシュバックの合計額を計算しました。ちなみに、切り捨て後のキャッシュバック額は、ROUNDDOWN(決済額×0.02,0)で計算できます。

その結果、624円となり、計算通りの額がキャッシュバックされていることを確認できました。

ちなみに、1円未満は切り捨てて計算するため、キャッシュバック額は、月の決済金額×2%より、11円分少なくなっています。月の決済金額に対するキャッシュバック額で計算すると、1.96%キャッシュバックされている計算になります。

キャッシュバックされていない?

Kyashで決済したのに、キャッシュバックが付与されていなかったという場合は、キャッシュバック対象外の取引である可能性があります。これらに該当する取引ではないか確認してみましょう。

対象外の取引

  • お買い物キャンセルとなった決済(一部キャンセルが生じた決済も含みます)
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
    WAON/nanaco/楽天Edyなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ 
  • 交通系電子マネー
    PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど
  • 寄付のお支払い
  • 公共料金のお支払い
  • 各種税金、ふるさと納税のお支払い
  • 年金のお支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
    • 郵便局の販売サイト
    • 造幣局の販売サイト

出典:Kyash公式サイト

ちなみに、次の加盟店での利用は、キャッシュバックの対象になるので大丈夫です。

楽天Pay、PayPal、AmazonAmazonギフト券、モスカード、スターバックス カード、ドトールバリューカード、Yahoo!ウォレット、Origami PayPayPay
スポンサーリンク

Kyashのキャッシュバックの上限は?

Kyashは、有効期限5年の間に、100万円まで利用できます。そのため、1枚のKyash Visaカードで受け取ることができるキャッシュバックは、最大2万円となります。

また、Kyashには、1日・1回・1ヶ月単位での利用限度額があります。そのため、この単位で見ると、キャッシュバックにそれぞれ上限があります。たとえば、リアルカードの場合、1ヶ月の利用限度額は12万円までなので、キャッシュバックは最大月2,400円になります。

Kyashの上限は、こちらの記事に詳しくまとめているので、よかったら読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました