消費増税対策!キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

スポンサーリンク

2019年10月1日から、キャッシュレス・ポイント還元事業がスタートします。

期間中、キャッシュレス決済を使うと、国からポイント還元を受けられるようになります。

キャッシュレス決済には、クレジットカード・デビットカード、QRコード、電子マネーがありますが、ほとんどのキャッシュレス手段がこの事業の対象になっています。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業 消費者向け説明資料

ポイント還元事業の内容や、ポイントの受け取り方法を確認して、お得に買い物していきましょう。

スポンサーリンク

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業公式サイトによると、次のように説明されています。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、
需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や
消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、
中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

出典:キャッシュレス・ポイント還元事業公式サイト

ただ、少し分かりづらいので、噛み砕いて説明すると、

キャッシュレス・ポイント還元事業
キャッシュレス・ポイント還元事業は、対象店舗でキャッシュレス決済を行うと、国からポイントを還元が受けられる制度です。
具体的には、
実施期間は、2019年10月1日~2020年6月の9ヶ月間

キャッシュレス決済をすると、中小店舗では5%、大企業のフランチャイズ店(コンビニなど)では2%のポイント還元を受けられます。

原則、税込価格にポイント還元されます。

これは、実店舗に限った話ではなく、ネットショッピングもポイント還元対象です。そのため、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどでも、キャッシュレス決済することでお得に買い物できます。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト

キャッシュレス・ポイント還元事業の仕組み

キャッシュレス・ポイント還元事業では、国からポイント還元されますが、その仕組みはどうなっているのでしょうか。

消費者がお店で決済すると、お店で使ったキャッシュレス決済事業者から、ポイントが還元されます。

ここまでは、普段のキャッシュレス決済でも同じです。

キャッシュレス・ポイント還元事業では、このポイント還元に5%または2%分のポイントを上乗せして還元します。

キャッシュレス決済事業者が、この上乗せ分を国に請求すると、国からキャッシュレス決済事業者に、補助金として支給されるという仕組みになっています。

キャッシュレス決済事業者を経由して、国から消費者へ、間接的にポイント還元されるということです。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト

スポンサーリンク

ポイント還元の受け取り方法

ポイント還元の方法

ポイント還元の方法は、キャッシュレス決済ごとに異なります。

たとえば、楽天カードは「楽天スーパーポイント」、PayPayは「PayPayボーナス」、Origami Payは「支払額から割引」といった具合です。

普段のポイント還元と同じ形式で、ポイントを上乗せするという場合が多いようです。

自分が使いたいキャッシュレス決済が、どのような形でポイント還元してくれるか気になる方は、こちらから検索することができます。

ポイント還元の対象店舗の見分け方

ポイント還元の対象となる店舗には、こちらのマークがついた、ポスターやステッカーが貼ってあります。

店内・外に張ってある、このポスターやステッカーを目印に、対象店舗を見分けることができます。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト

また、対象店舗は、こちらのページから、地図上で検索することができます。

さらに、ポイント還元の公式アプリをダウンロードして、地図上で検索することもできます。

ポイント還元対象店舗検索アプリ

ポイント還元対象店舗検索アプリ

一般社団法人キャッシュレス推進協議会無料posted withアプリーチ

Webページやアプリを利用して、自宅周辺の対象店舗を、調べておくのがおすすめです。

5%還元があるのとないとでは、積み重なると、支払金額が大きく変わってきます。

これまで、キャッシュレス決済に積極的でなかった人も、この機会にキャッシュレス決済をフル活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました